日本雑穀アワード2022《一般食品部門》応募要項

応募受付は終了しました。

健全な雑穀市場の形成を目的に開催している、雑穀を使った優れた食品を表彰する制度、日本雑穀アワード。
一般食品を対象とした2022年の一般食品部門の募集要項をご案内いたします。

※ 2022年の金賞授賞式は、会場開催&オンラインLIVE配信を予定しています。

   対象商品
小売店舗や宅配、通信販売等により全国的な流通が可能な雑穀加工食品
〈賞味期限表示の食品〉

   審査方法
1商品につき8名以上の審査員が基準に従い、専門性を生かして、厳正、公正に評価いたします。

《審査基準》
① 味覚評価(おいしさ)  ② 雑穀の生かし方  ③ 商品としての価値  ④ 雑穀普及への貢献
※ 上記4項目に関する全30細目を5段階にて評価

《審査員について》
審査員をつとめる雑穀アドバイザー、雑穀クリエイター認定者は、雑穀に関する幅広い知識や活用するスキルを修得し、様々な分野で専門性を有して活動している、雑穀のスペシャリストです。

   表彰内容
・審査は絶対評価により行われます。
・全審査員の評価合計点により、あらかじめ定められている基準点数から金賞、銀賞、銅賞を決定し、表彰いたします。

   受賞の有効期間
・受賞商品は、受賞後3年間、受賞したことの告知や受賞マークの使用が可能です。
※ 今回の有効期間は、2025年3月末日までとなります。

   応募方法
・応募用紙をダウンロードのうえ、下記のエントリーフォームまたは、
E-mail(宛先:info@zakkoku.jp)にてご応募ください。

   審査にかかる費用等
◇ 審査料 8.8万円(税込)

◇ 受賞マーク使用料
 ・ホームページ、チラシ、POP等へのデータ使用
  受賞より1年間無料、2年目以降は、4.4万円(税込)/年間(任意使用)

 ・個別商品への使用
  シール提供   3.3円(税込)/枚
  商品個別印刷、独自シール作製 1.65円(税込)/枚

   受賞商品の公表
・金賞受賞商品に限り、関係団体や企業、メディア関係者等に広くリリースを行います。
・金賞以外の商品については、受賞企業から発表される場合を除き、応募の有無を含めて公表いたしません。

《ご案内》
・3年連続で金賞を受賞した場合には、殿堂入り金賞商品として表彰いたします。
・1社あたりの応募可能な商品数は、金賞受賞商品の連続エントリーを除き、2点までとします。

金賞受賞商品ピックアップ記事

  1. 各受賞企業ホームページ等において、金賞受賞について掲載されていますのでご紹介いたします。
  2. ベストアメニティ株式会社 様・雑穀ぜんざい・玄米と雑穀の黒糖シリアル・国内産GA...
  3. 2011年から2013年の3年連続で金賞を受賞し、殿堂入りしている、株式会社はくばく「おいしさ味...
  4. 日本雑穀アワードデイリー食品部門〈2021・春〉において、東京23区内で唯一の乾麺工場を営む玉川食品...
  5. 自家製麺のほか、『あ・ぜん まめ NIPPON 十八種穀物米』『げん NIPPON 発芽焼き玄米』の...