雑穀を使った優れた食品の表彰を通じて 健全な雑穀の市場形成につなげる制度

資格制度と審査体制

日本雑穀アワードの審査は、日本雑穀協会が認定している約3,000名の有資格者の中で、雑穀の幅広い知識やスキルを有している、雑穀アドバイザー、及び雑穀クリエイター認定者により行われます。これら資格保有者は、難度の高い試験の合格後も更新制となっており、雑穀の普及に関する活動や、各種研修、セミナー等を通じて、雑穀の新しい情報やスキルを継続的に修得しています。また、協会と各審査員とは、秘密保持契約を締結しており、審査商品や評価内容について守秘義務を厳守しています。

なお、厳正、公正な審査を行うため、直接の協会関係者は、会長、その他理事を含めて一切審査には関与しておりません。ただし、違法性がある場合に減点の対象としている、パッケージの表示における法的確認については、専門的知識が必要なことから協会事務局にて行っております。

日本雑穀アワードの仕組み

<審査員職業例>

調理師、栄養士、管理栄養士、料理講師、企業における商品開発・メニュー開発
米穀店ほか店舗経営、雑穀生産者、公務員、農業大学校教諭、企業経営者など

日本雑穀協会が運営する資格制度について

PAGETOP
Copyright © 一般社団法人 日本雑穀協会 All Rights Reserved.