3月9日は「雑穀の日」

日本雑穀協会は、3月9日を「雑穀の日」として定め、おいしさと共に、高い栄養価や機能性、作物資源としての重要性など、雑穀のすばらしさを伝えていく記念日としています。

日付は、3と9を「ざっ・こく」と読む語呂合わせに由来していますが、この時季、外食や中食などで春の新メニューが登場し、食品メーカーからも多くの新商品が発売されてきます。 その中に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れていただきたいと願って、この日を雑穀の記念日に制定いたしました。 また、国内における雑穀生産地の多くは播種の前で、会員企業や有資格者をはじめ、生産者や消費者、流通関係者、研究者など、それぞれの立場の方たちが雑穀の魅力や未来を考える機会とするには、最適な季節でもあると考えました。

その中でも日本雑穀アワードについては、「雑穀の日」に合わせて、当該年度における一般食品部門の金賞授賞式を開催し、より多くの方に雑穀のおいしさを知っていただけるよう、情報発信にもつとめております。

金賞受賞商品ピックアップ記事

  1. 日本雑穀アワード2018《一般食品部門》において、金賞を受賞された菊水酒造株式会社様の「十六穀でつく...
  2. 全国的に販売が行われている一般食品部門において、3年連続で金賞を受賞すると殿堂入り金賞商品として表彰...
  3. 雑穀のある暮らし 新生活プロモーションロフト ×穀物カンパニーの ㈱はくばく タイアップ企画! ...
  4. デイリー食品部門〈2018・春〉において金賞を受賞、シノブフーズ株式会社「管理栄養士監修 黒米と甘酢...
  5. 日本雑穀アワード2018《一般食品部門》金賞受賞、有限会社春華堂(五穀屋)「五穀せんべい 山むすび」...