古の時代から神田で作られてきた赤米は、赤飯のルーツともいわれています。

日本雑穀アワード2017で金賞を受賞し、人気を博している株式会社森光商店さんの「国内産 赤飯五穀米」は、北海道産の小豆に、もち赤米、もち黒米、もち白米、そして、食物繊維豊富な大麦(米粒麦)を加えて、赤飯のような雑穀ごはんが簡単においしく炊くことができるブレンド雑穀です。

 

「おいしく食べる 十六穀ごはん ~選べる3つの栄養素~」と共に、2商品が今年の金賞を受賞し、現在、雑穀全体として好調に推移しているようです。

評価結果報告書を検証する開発者の坂本さん

日経MJにも「注目の一品」として大きく掲載